コピペチェック プラグインの重要性について

コンテンツマーケティングにおいて外部ライターに記事を発注した場合、コンテンツの重複アップロードのリスクを回避するためにコピペチェック プラグインの導入が不可欠となります。提出された記事がコピー記事ではないか、リライトされたりRSSを使用しコピーされていないか、などを自力で調べるのは大変です。コピペチェック プラグインを導入することによりさまざまなチェックを行うことができます。記事がどの程度コピーされているかその割合などをweb上の全体や指定サイトからチェック対象を決めて確認できます。

例えば、 ライターが同系統の文章を納入してきた場合に、Webへの開示前にライターがサイトから文章をコピーしていないか、web上に類似的な文章が健在してないかアルゴリズムによって解析することができます。結果は一覧で確認でき、誰もが簡易ににコピペチェックすることができます。外部ライターに各自納入前にコピーチェックを実行してもらい、依頼主のコピーチェックの労力を低減することもできます。一度に大量の文章をチェックすることもできるので、クラウドソーシングなど大量に発注した際にも便利です。

無料のコピペチェックツールは多数提供されており、コピペチェックに必要なパフォーマンスを無料で活用することが可能です。WEB上、テキスト間、クロールなどのコピペチェックで多方面な角度からコピー文章を発見できます。依頼主と外部ライターのお互いの信頼、有益性のためにコピペチェックは重要です。